茶・古高取・官兵衛・なぞ!

 omote

5月3日~5日の3日間、嘉麻市大隈にある黒田武士展示即売所および大里酒造にて、3つのイベントを開催します。

筑豊の歴史を読み解き、芸術を介して未来へと繋げる事業を展開しているアイアートレボ。今年度は、古高取を切り口に、今大河ドラマでも話題の黒田官兵衛と筑豊の繋がりや謎に、「みる」「きく」「味わう」の3つの視点から迫ります!

資料展をみて、講話をきいて、美味しいお茶とオリジナルお菓子を味わって。ここ筑豊と官兵衛の歴史、ヒミツにおもいを馳せてみませんか?

 

1 ―みる― 

古高取内ヶ磯窯資料展 ~黒田藩内ヶ磯窯の謎と官兵衛の知られざる文化戦略~

平成26年5月3日(土・祝)~5月5日(月・祝) 10:00~17:00

会場:黒田武士展示即売所2Fギャラリー 〒820-0304嘉麻市大隈551

観覧無料

筑豊で発祥した高取焼黒田藩とも大変ゆかりが深い焼き物でも知られています。その最初の窯が、直方市福智山の山麓にありました。

中でも、二つ目に気付かれた「内ヶ磯」は、近年出土研究が進められ、歴史に残っていない、黒田官兵衛の謎の戦略が明らかになってきました。

様々な歴史を背負った陶器と資料を基に、黒田官兵衛の真実を垣間見てみませんか?

2 ―きく―

特別講話「見ればわかる、黒と白」 講師:小山亘(古高取研究家)

平成26年5月5日(月・祝) 13:00~14:00

会場:大里酒造酒蔵(黒田武士展示即売所から徒歩1分)

参加費無料

」と「」という色の組み合わせを好んだ黒田官兵衛。黒田家の御旗掛け分けの茶陶器黒白の羽をもつカチガラス(カササギ)など、さまざまな逸話から官兵衛の人物像や戦略をひもときます。

 

3 ―味わう―

黒田八虎 後藤又兵衛・母里太兵衛をしのぶ 「呈茶」

平成26年5月5日(月・祝) 10:00~15:00

会場:黒田武士展示即売所2Fギャラリー 〒820-0304嘉麻市大隈551

料金500円

古高取・内ヶ磯窯の跡地からたくさん出土した「織部好み」と呼ばれる斬新なスタイルの焼き物。

今回は特別に、研究のために再現された織部好みの茶碗でお茶を点てます

またこの日のために特別につくった、黒田藩ゆかりの創作菓子も合わせてお楽しみください。

kanbenomihata 

写真は創作菓子第1弾「官兵衛の御旗」(亀屋延永)です。黒田藩の御旗をモチーフにして、筑豊の和菓子、黒ダイヤと白ダイヤを使って作りました。ほどよい甘さで、美味です。

また、今回はこれに加え、創作菓子第2弾「織部の秘密」(大屋菓子店)がお披露目されます!


大きな地図で見る